« グランパス2007始動 | トップページ | 宇宙戦艦ナゴヤ »

2007.01.18

補強と「正常性バイアス」

「正常性バイアス」という言葉をご存知だろうか。
これは心理学用語の一つで、たとえば火事が起きたとき、火災警報が鳴っても煙が出てきても、「訓練だろう」「誤報だろう」「どうせ大した事はないだろう」と自分に都合の良い解釈をし、重大な事態と思わない(思いたくない)精神状態のことを言うそうだ。

そこでふと気がついた。
最近の管理人に「正常性バイアス」ならぬ「ヨンセン性バイアス」が働いている。
「川島と古賀が移籍?ヨンセンがたくさん点を取ってカバーだ!」
「阿部は取り損ねたが、ヨンセンが前線から守備すれば大丈夫!」
「補強がないことよりヨンセンがケガした場合が心配だなあ」
「新しいユニフォームが一番似合うのはヨンセンかなあ」

ところで、数日前の中日スポーツの記事によると、名古屋グランパスの今オフの補強は“凍結”されるらしい。
記事中で常務さんいわく、
「現有戦力で大丈夫だろう」
「中途半端な選手は取ってもムダだろう」
「厳しい目で選定すればいい選手に当たるだろう」
確か去年の今頃もFWの層が薄いのに、ムリクリ正常性バイアスをかけて安心していた雰囲気だった気がする。

そんな時に読みたい本。
人は皆「自分だけは死なない」と思っている -防災オンチの日本人-
『人は皆「自分だけは死なない」と思っている』

最悪の事故が起こるまで人は何をしていたのか
『最悪の事故が起こるまで人は何をしていたのか』

|

« グランパス2007始動 | トップページ | 宇宙戦艦ナゴヤ »

コメント

投稿: じゃがバター塩辛 | 2007.01.19 18:31

角田にオファーだあ??
DF不足の名古屋の足元を見た代理人の作戦かコラァ??

投稿: Gontallo | 2007.01.19 22:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19740/13543692

この記事へのトラックバック一覧です: 補強と「正常性バイアス」:

« グランパス2007始動 | トップページ | 宇宙戦艦ナゴヤ »