« 等々力にて(その1) | トップページ | 等々力にて(その3) »

2007.09.06

等々力にて(その2)

【駅から歩き編】
せっかくの平日ナイター遠征、バスに乗っての移動は味気ないので周辺の散策がてら、武蔵小杉駅から歩いて等々力競技場へ行くことにした。
あいにくの曇り空だが、直射日光がないのはありがたい。

070829kengo武蔵小杉駅前のポスター。
「等々力行きのバス停はあっちです」

という趣旨ではないらしい。

070829roadとある交差点。
足元を見れば・・・
反射材が水色。
いきなり小ネタで申し訳ない。

070829sinbun夕刊配達のおっさんまでユニ着用。
まさか選手のアルバイトではあるまい。
後姿を撮ろうとしたら、おっさんが
急にUターンしたのでビビッタ。

070829pichiku等々力競技場近くの交差点にいる
隠れた人気キャラ「ピーチクー」。
この日はユニを着ていなかった。
残念。

070829hata駅から競技場までは小規模な商店街、学校、住宅が並ぶどこにでもある街なみ。
ぶらぶらしながら歩くと約25分かかった。
知らない街の角を曲がる。
それはもう旅である。

ところで今回、ビジターの身でありながら等々力競技場内のホーム側エリアをうろつくにあたり、名古屋のタオルマフラーをしていてはあまりに露骨であろうと考えた。
しかし、汗を拭くタオルは欲しいので道すがらのコンビニに寄った。
ところがニュートラル・カラーの白タオルを捜したが見当たらない。
あるのはすべて水色のタオルばかり。
こんなところでアウェーの洗礼だ。
仕方なく水色のタオルを買った。
さっそく首に巻きニワカ川崎サポーターの一丁上がりである。
あゆみさんとしろさんに会った時、ちょっと驚かれた。
そりゃそうだ。

以下、その3「等々力競技場 場内編」につづく!

|

« 等々力にて(その1) | トップページ | 等々力にて(その3) »

コメント

僕は今回初めて等々力に行ったのですが、川崎が「れっきとした」ホームタウンとなっていたのは確かに驚きました。

通りがかった学校に「私たちは川崎フロンターレを応援します」の横断幕があったり、とあるマンションの1Fロビーがフロンターレのフラッグやグッズで溢れかえっていたり。

正直うらやましかったっす・・・orz

投稿: Kamejkovic | 2007.09.07 09:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19740/16334348

この記事へのトラックバック一覧です: 等々力にて(その2):

« 等々力にて(その1) | トップページ | 等々力にて(その3) »