« 名古屋-佐川印刷 | トップページ | デスノート情報 »

2007.10.17

日本-エジプト

AFCアジア/アフリカチャレンジカップ2007 (長居)
日本 4 - 1 エジプト

試合後のオシム監督のインタビューを見ていてふと思ったけど、

ストイコビッチ監督の通訳は誰がやるんだろ?

セルビア語と日本語が堪能で、サッカーに精通していて、カリスマ・ピクシーの精神を言葉にできる(コレ重要)人物が果たしてこの世に何人いるだろうか?
超訳・高橋ミリアナさんを今からサッカースクールに通わせるか?
ベルデニックの通訳だった和田コーチをガンバから強奪するか?
いっそのこと木村元彦という手もある。(セルビア語を話せるのか知らんけど)

これは参謀役のコーチ探しよりも難題かもしれない。
まあ、いざとなったら、
「ピクシー日本語ペラペラ説」に賭けてみるか。

|

« 名古屋-佐川印刷 | トップページ | デスノート情報 »

コメント

で、木村さんにグランパスの内幕についてノンフィクション書かれたりして・・・。

投稿: kiki | 2007.10.18 01:05

ピクシーって英語はだめでしたっけ?
フランス語は?

投稿: w | 2007.10.18 10:22

つ 師匠

投稿: マリサポのゆうじん | 2007.10.18 16:47

木村元彦、意外と本人はまんざらでもないかも知れない(んなこたない)。
テレビのインタビューは英語で答えることが多かったかな。
師匠は日本語が心配だ。
そういや現役時代ってどんな通訳さんだったっけ??すっかり忘れたよ。

投稿: Gontallo | 2007.10.18 22:55

>そういや現役時代ってどんな通訳さんだったっけ??

村上剛さんです。
ヴェンゲルやウリダの通訳もしてた、あの声の渋い人です。

投稿: グラジュニ | 2007.10.19 00:07

こんばんは。もしスロベニア語でも構わないのであれば、ユースのコーチもしてらした濱吉さんに戻ってきて頂くという手もありそうですね。
木村元彦さんは『悪者見参』で度々“通訳のM”さんの話が出てきているところをみると、ご本人は流石に通訳できるほどセルビア語を話せないのでは?という気がしますが…どうなんでしょう(とあえてマジレス/笑)

投稿: mame | 2007.10.19 20:45

クラブでの通訳さんのほかに
現役時代、生活面での面倒を見ていた
ボグダノさんという人がいました。
(名前うろ覚え。ユーゴの人ではなかったような・・・)
当時のボグダノさんは京都だか名古屋だかの
大学の研究生だったかと・・・。
事情によりピクシー引退の何年か前に
辞めてしまったんじゃなかったかな~
今はどこで何してるんでしょうね。
万博でのガンバ戦に1人で
電車に乗って観に来てるのを見かけたりも
しましたよ。
他に、バルカン系の本を書いている
宇都宮徹壱さん話せたと思いますが
本来写真家さんなので無理でしょうね。
宇都宮さんの嫁さん(日本人)もセルビア語
話せたはずです。ステキだわ。

投稿: ふみっち | 2007.10.19 22:40

娘じゃね?

投稿: やす | 2007.10.20 01:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19740/16789798

この記事へのトラックバック一覧です: 日本-エジプト:

« 名古屋-佐川印刷 | トップページ | デスノート情報 »