« 万博到着 | トップページ | 西中島南方にて »

2008.09.14

J1第24節 ガンバ−名古屋

J1第24節 ガンバ−名古屋
9/13 万博記念競技場
ガンバ 0−1 名古屋

名古屋がもし!名古屋がもしですよ。
今シーズン、ハニュフニュフニュ(まだハッキリ言われへん)するとすれば、間違いなくターニング・ポイントになるであろう勝利である。

1・ここ数年、天敵くらい相性最悪だった「勝てない相手」ガンバに万博で勝てた。
しかも、背番号「29」小川が決勝点を決めるという、ガンバに痛恨の大ダメージを与える快勝。

2・バレーを失ってチームを再構築中、順位も名古屋より下の、ある意味「勝って当然の相手」ガンバからキッチリ勝てた。

3・これまで超攻撃的サッカーをヒョーボーしていたピクシーが、今季の経験と現在の順位を踏まえ、そして今後の戦いを見据え、満を持して「強靭な意志をもって守りきる采配」を発動し勝てた。
(追記)わずか1点のリードでベンチには杉本がいるのにFWは3枚目の巻まで投入せず、その巻の役目は前線からの守備、というのがポイントかと。

4・今節の上位チーム直接対決が次々と引き分ける中、「いつものようにお付き合いすることなく」勝ち点3を積み上げた。

5・普段チアガールがどーのマスコットがどーのと抜かしている当ブログが、「珍しくサッカーぽい真面目なこと」を書いている。(何のターニング・ポイントだ)

今回の勝利によって、グランパスが何か一つ大きな壁を乗り越えたような気がしてならない。
その壁の向こうにあるのは果たしてハニュフニュフニュなのか、それとも・・・。


今年もまたコンクリート・ジャングルにスシ詰めの万博ゴール裏。
芝生に寝転んでゴロゴロしてた万博はもう遠い昔なのだなあ。
でも、あかりタンの変わらない笑顔とヘアスタイルには今年も癒されまちた。見事なカミっぷりにも萌え〜(*^-^*)

|

« 万博到着 | トップページ | 西中島南方にて »

コメント

強靭な意志をもって引き籠もるサッカーなら
カシマでもやっていますが…
そこまでして勝ちたいか!(まあ勝ちたいけどさ)

投稿: 七誌 | 2008.09.15 07:25

ここ数シーズンで、一シーズンに強豪である浦和・鹿島・ガンバにアウェイで全勝したチームって他にありますか?
それだけでもすごい

投稿: | 2008.09.15 18:26

鹿島戦は交代策を含め鬼門突破のための一戦必勝の守備的采配のように感じたのに対し、ガンバ戦はこれからの戦いを見据えた決意表明のように感じました。
たった1点のリードでベンチに杉本がいるのにFWは3枚目で巻を投入、役目が前線からの守備というのがポイントかと。
<さっきのコメント間違っていたので訂正しましたスマソ>

投稿: Gontallo | 2008.09.15 21:34

いつも楽しくROMってます。
伝説的な闘将が指揮官
自ら、チームプレイと個人技の次元の高いところでのバランスも見せてくれてるし。
若手も伸びてるし、ベテラン勢も利いているし。
今年はハニュフニュしてほしい。
今年はエイトの呪縛から解放されたんですから。

投稿: | 2008.09.15 22:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19740/42472312

この記事へのトラックバック一覧です: J1第24節 ガンバ−名古屋:

« 万博到着 | トップページ | 西中島南方にて »