« シャチキューピー | トップページ | ヒラリン練習生アマラオコーチ »

2009.04.01

<速報>グランパスくん世界の舞台へ!

※4/2追記 エイプリルフールは終了しました。(念のため)

グランパスくん一足お先に世界へ-米国「ノーバディ・インサイド」に出場

今年8月に米国サウスカロライナ州ハイポイントで開催される、マスコット世界一を決める国際大会「ノーバディ・インサイド」に、日本からJリーグ名古屋グランパスエイトの「グランパスくん」が出場することが分かった。名古屋グランパス側と最終確認のため来日していた、国際キャラクター連盟のルーフ・ルリプイエ理事が明らかにしたもの。同大会の日本からの出場は初めて。

「ノーバディ・インサイド」は40年の歴史を誇るスポーツ・マスコット・キャラクターの一大イベント。日本では馴染みがないが、スタジアムを沸かせる「もう一人の主役」としてその魅力を競い合うと同時に、スポーツビジネスへの理解を深めることを目的として、毎年8月にマスコット世界一を決める大会として開かれている。

グランパスくん出場のきっかけは、名古屋グランパスがAFCチャンピオンズリーグのために作成した英語サイト。出場マスコットを選定していたルリプイエ理事の目にとまり、同理事を含む選考委員3名が3月に急きょ来日。豊田スタジアムでの開幕戦で「グランパスくん」の姿を見て、委員全員が出場を即決したという。

ルーフ・ルリプイエ理事のコメント
「40年の歴史でここまで愛くるしいマスコットは初だ。
月面着陸よりも難しい奇跡が日本で起こっていた。
バク転も何もしない事がこんなに愛くるしいとは。
カードは売ってないのですか?」

日本発のアニメ、コミックは今やアメリカで一般常識として定着した。日本発のこの愛くるしいマスコットがアメリカの、いや世界の人々の心を掴むのも、そう遠い話ではなさそうだ。

(釣日スポーツ 4月1日紙面より)

今季のグランパスくん、お風呂に入って真っ白ピカピカ、お目々もキラキラ、若干メタボ解消しておいて良かったですね。

|

« シャチキューピー | トップページ | ヒラリン練習生アマラオコーチ »

コメント

ようやく世界が名古屋の萌え文化に追い付きましたね〜

今日は忙しいのでまた明日カキコミます

投稿: すうじぃ | 2009.04.01 17:01

四月馬鹿かましましたね 笑

「ノーバディ・インサイド」には吹きました

投稿: omorinecar | 2009.04.01 19:10

どうやって痩せるのだろう・・・
気になるな・・・

投稿: カツカレー潤ちゃん | 2009.04.01 20:03

本当にやって欲しい大会ですね。

投稿: | 2009.04.01 21:52

○日スポーツw

投稿: | 2009.04.01 22:00

>バク転も何もしない事がこんなに愛くるしいとは

つД`)<ソコ本当だが!

投稿: サンちゃん | 2009.04.01 22:32

ところで⇒のカニバナーが
怖いんですが

投稿: もっと | 2009.04.02 12:46

去年の「ピクシー現役復帰」ネタは真に受けてしまう人が思いのほか続出して焦りましたが、今年のネタは調子に乗って書いてたら少し長くなってまとまりに欠けてしまいましたね。
来年はもっとコンパクトにまとめたいと思います。

投稿: Gontallo | 2009.04.02 20:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19740/44411666

この記事へのトラックバック一覧です: <速報>グランパスくん世界の舞台へ!:

« シャチキューピー | トップページ | ヒラリン練習生アマラオコーチ »