« 明日は瑞穂で鹿島戦 | トップページ | 使徒(ケネディ)襲来(歓迎) »

2009.07.01

J1第10節 名古屋-鹿島

7/1 瑞穂陸上競技場
名古屋 0-3 鹿島

<試合イメージ>
1181435289164
(実際はこれプラス雨)

そらもう先週のACLはテレビ観戦、新潟戦はPC速報だったので、今日は雨でも槍でも応援する勢いで瑞穂に乗り込んだのになあ。

マジなんか色々と現実は厳しいぜ。
ボランチの力量やら首位との差を歴然と見せ付けられた。

ケネディ獲得の手を打ってあるのがせめてもの救いか・・・。

|

« 明日は瑞穂で鹿島戦 | トップページ | 使徒(ケネディ)襲来(歓迎) »

コメント

鹿島が3点でやめておいてくれたので悲惨な結末にならなかったとしか言えない試合でしたね。。。

投稿: | 2009.07.01 23:47

こういうチーム状況では、「あれがダメ、これがダメ」を言っても、前に進みません。
ただ、新聞記事等ではあまり触れられていないことで、気になっていることを書きます。
あくまで、ここのブログの良さである「楽しいノリ」から大きく外れないようにだけは気をつけます。
=====
私が気になっているのは、「ここまで、上位チームとの直接対決に、ものの見事に全敗していること」です。

中位以下のチームの場合、上位チームとの試合成績が悪くなるのは当然ですが、
「成績が悪い」のと、「ものの見事に全敗、1つも引分けにすら出来ていない」では意味がまったく違います。
この"全敗"という現実を見せつけられると、
「このチームが、09年のJリーグを優勝目指して戦う上で、全体の力関係をはかり間違えた」
と感じざるを得ません。(悲しいですが、ここは断言します)

しかし、チーム(含む監督)は昨夜の試合後、「急ぎ何らかの手を打つ」とアナウンスしています。
私だけでなく、皆様も、「このように手を打てば良いのではないか」の意見をお持ちだと思います。
ただ、我々はあまり妙な口出しをせず、どのようになるかを見守るべきかな、と思います。

正直言うと、ここで急ぎ打つ手が、後から振り返ってみて、"逆効果だったのでは?"
と感じる状況に陥る危険性も多分に感じています。
ただ、「出た結果を見た後から、騒ぎ立てる」ことだけは、しないようにしようと思っています。
=====
既に「Jリーグ3位での2010年度ACL出場権確保」の願いも、非現実的と感じています。
 (天皇杯はギャンブル性があまりに高くて、「天皇杯でACL出場権を狙う」のはちょっと…)
今、私が願うのは、主力選手の多くが、
「来年2010年も、このチームでプレーしよう」
と思える試合をしていくことです。
プロのチームである以上、来年に、今年と1人もメンバが代わらずにシーズンインすることは有り得ませんが、
来年、「心ここにあらず」の選手が出ることだけは避けたい。強く願っています。

投稿: いつも見てます | 2009.07.02 20:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19740/45511381

この記事へのトラックバック一覧です: J1第10節 名古屋-鹿島:

« 明日は瑞穂で鹿島戦 | トップページ | 使徒(ケネディ)襲来(歓迎) »