« J1第1節 G大阪―名古屋 | トップページ | SWAN SONG »

2010.03.07

J1第1節 G大阪―名古屋(その2)

J1第1節 G大阪―名古屋(その2)
勝った!飲んだ!頭いてえ!
昨夜の更新では試合内容に一切触れず失礼つかまつった。
名古屋から日帰りできるのに、祝勝会やりたさに大阪に泊まったでごさるの巻。

さて開幕戦。
ピッチに立った選手はみんな持ち味を出した。
2点に絡んだムーは言わずもがな、ツリオさんの迷いのないタックルは確実に楢崎の負担を軽減しているし(代表では考えられんことだ)、チヨタンにレギュラーの座を奪われまいとする増川は、大きな破綻なく開幕戦を終えた。
不安視されたダニルソンも後半からの役目を無難にこなした。
大型補強の効果は見える。

しかし、総じてガンバの押している時間の方が長かったし、ガンバの決定機は何度も相手のミスで救われたし、何よりも後半明らかにガンバの運動量は落ちた。
勝利は幸運に助けられた面も少なからずある。
(とは言え1点めは完璧にグランパスの王道パターンだ)

もちろん、開幕戦から完成してるチームなんて無いし、相手のミスにつけ込むのもサッカーだし、幸運もまた実力のウチ。

ただ少なくとも、この試合を持ってグランパスが強いとか美しいとか、各方面からの両手を挙げての称賛はお尻がこちょばゆい・・・なーんて書くと、逆にスゴイ浮かれてる感じがするけど、ええ、浮かれてますwww
やっぱり難敵ガンバを倒し、開幕戦に勝てたことはとてつもなくデカイ。素晴らしい!嬉しい!飲んだ!頭いてえ!

しかし素晴らしいからこそ、嬉しいからこそ、今後の長いシーズンを思って、敢えて最後に言おう、

お前らムーがケガした時どうすんだ!

こと攻撃に関しては今のグランパスはこの一言に尽きる。

ちなみに関西地元紙はどこもガンバの仕上がりの遅さ、中心選手の疲労を嘆いておりました。

〈名古屋に向かう快速電車内にて〉

|

« J1第1節 G大阪―名古屋 | トップページ | SWAN SONG »

コメント

ムーが出れないときは俺達の恵太が大暴れしてくれるっすよー(棒)

投稿: RINGO | 2010.03.07 17:29

いつものように、スタジアムの隅でこそっと観戦しました。
たかが開幕の1試合、されど開幕。良い面も感じました。
===
失点直前から続いた「審判との戦い」。失点となったCKの判定は明らかに間違っていたけれど、その程度の誤判定は有りうる事。
しかし、その直後から連発されたおかしな判定。そんな時に限って、プレーそのものが微妙で、どちらに笛を吹いても相手側は文句を言いたくなる場面も続いた。中にはガンバボールのはずが逆になった場面もあるなど、混乱は続いた。そんな中、戦う相手を、"ガンバ"から"審判"に変えることなく、試合を進めることが出来たのは、評価すべきではないか、と思いました。

投稿: いつも | 2010.03.07 19:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19740/47747238

この記事へのトラックバック一覧です: J1第1節 G大阪―名古屋(その2):

« J1第1節 G大阪―名古屋 | トップページ | SWAN SONG »