« 瑞穂なう | トップページ | 日本-韓国 »

2010.05.23

ナビスコ第3節 名古屋―大宮

ナビスコ第2節 名古屋―大宮
5/22 瑞穂陸上競技場
名古屋 1―3 大宮

FWに橋本、センターバックに花井。
若手を投入してのナビスコ杯ホーム初戦は、前半で0-3にされる展開で気持ちいいくらいの大敗だった。

ピクシーがナビスコを花井と心中する気があるのなら別だが、彼は前半で代えるべきだった。
ナビスコは若手育成の側面があるとはいえ、額面通りに解釈してしまったピクシーの読みが外れた格好となった。

ただ、試合後のゴール裏がブーイングではなく、前向きな叱咤激励で選手を迎えたのには救われた。
でもそれは選手にとっては、ブーイングよりも重圧を感じる声援だったかも知れない。
どんな苦しい状況でも、まだまだナビスコは続くので。

よし、次は試合前のリッツを絶ってみようかな・・・。

|

« 瑞穂なう | トップページ | 日本-韓国 »

コメント

西村+ナビスコ=大量失点annoy

こんな方程式を浮かべながら帰路に就いた…wobbly

投稿: いのかん | 2010.05.23 04:45

ああいった試合の後だとどうしても戦犯探しや監督・選手への罵倒に走ってしまいがちなネット空間のなかで、管理人さんの文章がいつも選手への一定のリスペクトを欠かさないのには頭が下がります。

花井については、CBとしてどうしようもないプレーをしてしまったまま下げないで、あそこでチャンスをあげたのは悪くはないかなとも思ったり。

それだけに本職の中盤でチャンスをもらった後半での消極的なプレーを見て、個人的には前半のプレーよりフラストレーションがたまってしまったんですが…。

投稿: 嘉門Joshua | 2010.05.23 14:47

昨夜の私の印象は「ラファエルさん凄いよな」でした。
現在のJで一番とまでは言わないですが、彼、凄いですよ。
変なゴマカシが効かずにやっつけられ、むしろ良かったな、と。
前半最初から、彼は意識的に?ずっと千代反田側に位置取りしていたのが、前半終盤に急に花井側に位置取りするようになり、すぐにあの結果。
やはり公式戦。色々な事がわかって良かった。これなら、応援のしがいもあると思います。

投稿: いつも見てます | 2010.05.23 16:11

初めてコメントします。現場で観戦しましたが、内容がどうのこうの、というより、「有料」で「公式戦(一応)」で更に「ホームゲーム」なのですから、「愛のあるブーイング」をすべきではないでしょうか?

投稿: PIRO | 2010.05.23 23:10

記事は試合直後に書いたので何となくしっとり目な文になってますが、皆さん書いてあるように若手や控え選手について色々な視点で試合が見られて、やっぱりナビスコは面白いですね。

投稿: Gontallo | 2010.05.23 23:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19740/48431602

この記事へのトラックバック一覧です: ナビスコ第3節 名古屋―大宮:

« 瑞穂なう | トップページ | 日本-韓国 »