« 天皇杯準々決勝 名古屋-鹿島 | トップページ | 2010年 ベスト&ワーストゲーム(2) »

2010.12.27

2010年 ベスト&ワーストゲーム(1)

今年も残すところあと4日。(ええええええ)
シーズンを通してグランパスのベストゲーム&ワーストゲームを選び、この1年を振り返ろうという実にありがちな年末のコ~ナ~。

個々に見れば良い試合、ダメな試合はいろいろと挙げられるでしょうが、ここでは今季の優勝へと至る流れの中でココ重要!と思われる試合を、管理人の独断と偏見とうろ覚えでチョイスしてみました。
※管理人が生観戦した試合から選びました。

■ベストゲーム
J1第24節 清水エスパルス 1-5 名古屋グランパス
9/25 アウトソーシング日本平

今季、内容的には苦しみながらも瀬戸際の勝負強さで勝ち点を積み重ねてきた名古屋ですが、この試合は王者らしく相手を圧倒した唯一の試合と言えるでしょう。

前半、名古屋は苦戦しながらも両チーム無得点、しかし後半、立ち上がりにいきなり失点。
これはヤバイと思わず暗い気持ちになったものの、そこから名古屋がいきなりバルセロナ化します。(どんなんか知らんけど)
凄まじい中盤の支配力と華麗なパス回しで清水を圧倒します。
終わってみればケネディの2得点と玉田のハットトリックで5-1。
名古屋の体調がよっぽど良かったのか、清水の体調がよっぽど悪かったのか、ともかく試合後はホクホクした幸せな気分となり、思わず静岡駅前の和民でのお酒がグングン進み、ついつい静岡に一泊してしまいました。

いや、ベストゲームの理由は別にお酒だけではありません。
こんな素晴らしい試合ができた、という心の余裕が勝ち点以上にチームにポジティブな作用をもたらし、後に続く殺伐とした死闘の数々をギリギリで凌いでいく上での重要なより所となったはずです。

人生、楽(清水戦)あれば苦(新潟戦とか)あり。
苦(鹿島戦とか)あれば楽(優勝)あり。

言い換えれば、いよいよ見えてきた頂点への未体験のつらい旅路を、この清水戦での「良いイメージ貯金」で食いつないだ、といったら過言でしょうか?
(少なくとも管理人はそうでした)

その意味で、まずは清水さんにありがとうと言いたい。

そして2010年のワーストゲームは・・・・!!
それは明日のエントリーにつづく・・・・(キリッ

|

« 天皇杯準々決勝 名古屋-鹿島 | トップページ | 2010年 ベスト&ワーストゲーム(2) »

コメント

お久しぶりですhappy01
私もベストゲームはこれですね!
ゴール裏1Fで見ていた事もあって
後半笑いが止まりませんでしたup
特に印象深いのは玉田の2点目でしょうか?
玉田のトラップ、そしてシュートの軌道に
沿うように滑りこむDF3人…美しかったnotes

投稿: いのかん | 2010.12.28 05:47

おはようございます。

僕の中では 8/14浦和戦 です。 埼玉から赤サポのかみさんと行った豊スタでの勝利!!  ホント、たまりませんでした。

このゲームから首位になりましたからね。

投稿: マスマス | 2010.12.28 13:13

この試合、TV観戦でした。
得点シーンももちろんいいのですが、
グラ1点目の直前、
ケネディのシュートが阻まれた直後の、
その時のケネディの佇まい、
これが僕の今季ベストショット。
強い、大人のチームの雰囲気が
むんむんしてた感じで。

投稿: KI | 2010.12.29 22:56

>いのかんさん
ボクも自由席1Fで見てましたが、ゴール目掛けて突進してくるケネディが迫力満点でビビリました。
あれは止められませんわ。

>マスマスさん
豊スタの浦和戦もいいゲームでしたね。
3得点だわ、あだっちぃは来るわで印象に残ってます。
欲を言えばあだっちぃを近くで見たかった・・・。

>KIさん
W杯後に短髪にしたケネディはさらに凛々しさが増しましたね。
ジーザスネタが使えなくなったのは痛いですが(笑)

投稿: Gontallo | 2010.12.31 12:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19740/50416628

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年 ベスト&ワーストゲーム(1):

« 天皇杯準々決勝 名古屋-鹿島 | トップページ | 2010年 ベスト&ワーストゲーム(2) »