« 2010年 ベスト&ワーストゲーム(1) | トップページ | 天皇杯準決勝と高円宮杯 »

2010.12.28

2010年 ベスト&ワーストゲーム(2)

今年も残すところあと3日。(どええええええ)
シーズンを通してグランパスのベストゲーム&ワーストゲームを選び、この1年を振り返ろうという実にありがちな年末のコ~ナ~。

昨日のベストゲームに引き続き、ワーストゲームを発表しましょう!

■ワーストゲーム
J1第31節 湘南ベルマーレ 0-1 名古屋グランパス
11/20 平塚競技場

今季、内容的には苦しみながらも瀬戸際の勝負強さで勝ち点を積み重ねてきた名古屋ですが、この試合の内容はあまりにも「弱きを助けるおなじみの名古屋」そのものでした。

降格決定した湘南にいいようにシュートを打たれ、90分防戦一方。
優勝のかかったプレッシャーゆえの苦戦とも言えますが、逆に言えば、もしも優勝がかかった試合でなかったら、あそこまで身を投げ打った必死の守備で勝利を引き寄せることも無かったでしょう。

あえて極端なことを言えば、この湘南戦がこの試合内容そのままに日本平での清水戦あたりの時期だったら、名古屋は最下位チームに無様に敗れた精神的ダメージが尾を引き、この後に続く殺伐とした死闘につまづき、翌々月の鹿島戦でさらに凹まされ、優勝争いはもっともつれたかも知れません。

その意味で、
最も内容の悪い試合が優勝決定戦だったのは、
今季最大のラッキーでした。

とはいえもちろん、この試合が初優勝を達成した記念すべき試合であることに変わりはありません。
試合後は当然のことながらゴキゲンで、観戦仲間と平塚駅前の魚民でお酒がグングン進み、ついつい平塚に一泊してしまいました。

・・・と、今ではこんな分かったようなこと落ち着いて書いてますけど、見てる最中は逃げ出したいくらいドキドキして生きた心地がしてなかったんですけどね~。
優勝が決まった瞬間はかなり号泣しちゃいました~。

この先、名古屋が何十回とリーグ優勝することはあっても、初優勝はたった1回きり。
11月20日、平塚競技場にいられた幸運に心から感謝します。

はぁーもう一回湘南戦のビデオ見よ。

というわけで、皆さんの心にはどの試合が深く刻まれていますか?
Hiratsuka000

|

« 2010年 ベスト&ワーストゲーム(1) | トップページ | 天皇杯準決勝と高円宮杯 »

コメント

さすがに管理人さん。サッカーも女の子も目の付け所が鋭い。
圧倒的個人能力の差があるにもかかわらず、降格決定の湘南に押されまくり。喜ばしき初優勝に微妙な影を落としていますよね。監督の手腕というかサッカー構築能力は完全に反町氏のほうが上だと思いました。
(構築能力の違いが勝ち負けの決定的要因にならないことも今年はずいぶんと学びましたが。)
来年に向けていろいろ補強の噂がでていますが、チームの中で一番正念場を迎えるのはストイコビッチ自身だと思いますね。同じ手で何回もうまく行くとは思いませんし

投稿: highbroad | 2010.12.29 13:35

最近、ピクシーが監督を辞めるときはどんな時だろうと考える事があります。(かなり気が早いこと考えてますが)
どうせやめるなら成績が落ちて解任されるより、名古屋が常勝チームになって欧州なり代表チームなりステップアップして去って欲しい。
そのためにも名古屋はもっともっと強くならないといけません。
来年はACLがありますし、グランパスとピクシーの未来を決めるという意味で正念場ですよね。

投稿: Gontallo | 2010.12.31 12:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19740/50424643

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年 ベスト&ワーストゲーム(2):

« 2010年 ベスト&ワーストゲーム(1) | トップページ | 天皇杯準決勝と高円宮杯 »