« 永井ゴー・トゥー・ロンドン | トップページ | 日本-ニュージーランド »

2012.07.07

J1第17節 柏-名古屋

7/7 国立霞ヶ丘競技場
柏 1-2 名古屋

2012kashiwa01_2
どちらに転んでもおかしくない試合で競り勝てたのは、国立競技場での開催だった事が何気に大きいと思います。
これまでもここ一番の正念場の試合を、日立台の独特の雰囲気に飲まれて落とすケースは多かったですから。
柏さん今後もたま~にでいいんで国立開催よろしくお願いします。

2012kashiwa
永井はゴールこそ無かったものの、ケネディのおしゃれゴールをアシストした「自分で自分にスルーパス」は何度見ても凄いです。
そのあと足くじいてましたけどが・・・。
関塚さん永井の合流はオリンピック開会後からでよろしいですか?

2012kashiwa03
楢崎が本当に1試合のみの欠場で復帰。
さらに手術を伴う治療明けを感じさせないハイパフォーマンス。
直志、玉ちゃんも待ってるよ!

今日勝って4位に浮上。
ガンバ、横浜と連続で引き分けた試合の価値が出てきました。
つぎの仙台戦負けられまへんな(`・ω・´)

雨の中、現地観戦の皆さんお疲れ様&おめでとうございます。
某アイドル(候補)もちゃんと現地観戦してたみたいで偉いな。
スカパー観戦ばかりの某管理人とエライ違いだ。(今日はNHK)

|

« 永井ゴー・トゥー・ロンドン | トップページ | 日本-ニュージーランド »

コメント

鹿島との試合も国立でお願いします

投稿: グリグラ | 2012.07.07 23:36

明日(というか日付変わっているので今日)の都合で、強引に最終新幹線で帰ってきました。
色々思うことはありましたが、結論は、
「なっちゃんストラップの有効性いずこ?」
凄い降られ様でした。

投稿: いつも見てます | 2012.07.08 01:06

えっsign02酒井選手のセレモニーcoldsweats01
空気読まない名古屋ですいませんhappy02
にしても完全に気持ちの切れちゃった
マッスーの再覚醒はあるのかなぁ…sweat01

投稿: いのかん | 2012.07.08 05:08

某アイドル候補さんは最初はやらされ感が漂っていましたが、ブログを見る限りいい感じに嵌っているようですね。

投稿: highbroad | 2012.07.08 16:22

全国のグラサポの願い事が叶いましたね(T_T) 現地観戦された方が羨ましい!
永井選手は、公式hpの豊田市長表敬訪問のくだりで、14日の仙台戦は出場っぽいフレーズがありましたね。

投稿: 福♪ | 2012.07.08 20:52

テレビ観戦でしたが、ものすごい雨でしたね・・・。

同点にされたあたりで、今日は打ち合いになるかもなぁと思いましたけど、しっかり守ってスコア的にはいつもの名古屋って感じですね。
個人的には藤本がMOMです。
本当によく動いていたと思います。

あと、あの雨の中、ピッチに全然水が浮いて来ない国立のピッチもさすがです。
J開幕当初はあの雨なら若干田んぼ状態になりがちでしたけど、進歩しましたねぇ、Jリーグも。

投稿: ドンスコ | 2012.07.10 00:43

>グリグラさん
確か10年くらい前に鹿島アウェー戦を国立でやって勝ちましたね。
苦手なのはカシマスタジアムそのものだったという・・・。


>いつも見てますさん
遠征お疲れ様でした。
なっちゃんストラップはグランパスに関しては瑞穂のみ有効ということで・・・。


>いのかんさん
酒井のセレモニーはスカパーで見てて引退するのかと思いましたよw
増川はクリアボール自分の足に当てるという器用なミスをしてましたね・・・。


>highbroadさん
某アイドル候補さんすごく真面目にグランパスに取り組んでますね。
Winning Girlsは頑張って欲しいですが、活動に当たってJリーグの名称使用の許可を取ってるのかが不安です。


>福♪さん
永井は仙台戦は出られるなら出て欲しいですね。
もし試合に出れないのなら壮行イベントくらいはやって欲しいものです。


>ドンスコさん
ピッチの水はけの良さはさすがナショナル・スタジアムですね。
まあ屋根が全くなくて日当たりも雨の当たりも最高に良いのは、人には優しくないですが芝には優しそうです。(瑞穂も同じくですね)

投稿: Gontallo | 2012.07.11 00:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19740/55133276

この記事へのトラックバック一覧です: J1第17節 柏-名古屋:

« 永井ゴー・トゥー・ロンドン | トップページ | 日本-ニュージーランド »