« 2019年9月 | トップページ

2019.10.07

J1第28節 名古屋-大分

Img_2444
10/5 パロマ瑞穂スタジアム
名古屋 1-1 大分

今節は金・土・日と仕事の関係で東京に出張していました。
金曜の夕食に同僚が予約してくれてたのが、偶然にもフィッカデンテイ監督の母国であるイタリアの居酒屋さん、いわゆるイタリアン・バル。
ピザやら貝やら魚やらビーフシチューやらアヒージョやらタコやら(よう食ったな)。
どれもこれも、ビールとワインが進みまくる美味しい料理ばかりでした。
フィッカデンテイ監督に限らず、とかく守備的と言われるイタリアン・サッカー。
食い物に関してはメチャ攻めてるやんか・・・と思った次第。

Img_2443
そんなワケで土曜の大分戦は昼間に試合の情報を一切シャットアウトして、仕事が終わった後にホテルでDAZN見逃し配信を視聴。
いわゆる「なんちゃって生放送」というやつです。
既に世の中的には勝敗が決していると思うと、生放送よりドキドキします。

視聴直後に寝落ちして、夜中にツイートしています! コバユーめ!とんでもない恩返し野郎だぜ!・・・(やっぱいい選手だな) 納得しているつもりでも夜更けにふと寂しくなるんや…。 組織的には整備されてきたものの、攻撃面ではなかなか相手に脅威を示せず。
(赤碕の終了間際の同点ゴールのシーンだけは見事だったけど)
今の戦術から言って、勝負を決めるのは前線の個の力だと思うのですが・・・。
何だか「ジョーの復調が先か、シーズン終了が先か」という状況になって来ました。
この中断期間中に今度こそヒゲ剃って欲しいんだジョー!!!


残り6試合。
残留争いは順位表の下半分のチームが僅差で団子状態。
もうだんだん勝ち点も順位も関係ない気がしてきました。
どのチームも勝ったり負けたり・・・勝たないのはグランパスだけΣ(゚Д゚)
白熱のJ1.5リーグから目が離せません。

| | コメント (2)

2019.10.01

J1第27節 広島-名古屋

昼間はグラファミ仲間と楽しくドリンキング、夜は帰宅してDAZON観戦でした。
Img_2285

感想:フィッカデンティ・サッカーも飲み会もハイボールが肝ですね。

9/28 エディオンスタジアム
広島 1-1 名古屋

新生グランパスの初陣は、まるで今季2度目の開幕戦のような気分でした。

Img_2288

結論から言うと、アウェーでドローは最低限の結果を残しました。
広島はセットプレーの1点だし押し込む時間帯をモノに出来なかったし、裏返せば名古屋が崩れず踏ん張れたとポジティブに捕らえることができます。

しかし、攻撃面ではジョーの動きの質が上がってくれないと厳しい。
セカンドアタッカーがチャンスに絡めるかどうかもジョーの動き次第。
この試合の同点弾のような連動性のある動きがコンスタントにできるようになれば…まずはヒゲを剃るとこから。

とはいえ、フィッカデンティ監督には風間監督へのエクスキューズだった「時が来るのを待つ」という殺し文句が使えない分、その仕事が困難なことは言うまでもありません。
わずか1週間の準備期間でアウェーでの勝ち点1を得た彼に、この上ゲーム内容を問うのは酷と言うもの。

残留を見据えて守備を重視したサッカーでも、グランパスが困難なミッションを乗り越える攻略エンタメとして見てるから、ワイは楽しいで!

残り7試合。
グランパスとフィッカちゃんとファミリーのクエストは続きます。

| | コメント (0)

« 2019年9月 | トップページ