2016.10.20

願プラ5号機・完成!

グランパス残留祈願プラモデル「願プラ(ガンプラ)」とは・・・。

今季の名古屋グランパスの危機的状況を鑑み、チームの復調とJ1残留を願って自分自身にプラモデル作りという苦行を課することで、サッカーの神様にその願いに対する真摯な姿勢を伝えると同時に、自らもサポーターとしてこの逆境を乗り越える決意を得ようとするものである。
一体一体、心を込めて作ります。


■願プラ5号機 「ゲルググ・トゥーリオ」
Dsc03314
今回のキットは『HGUC 1/144 MS-14A/C 量産型ゲルググ/ゲルググキャノン』。
一年戦争末期に投入され、戦局の挽回を期待された重モビルスーツ・ゲルググ。
そのイメージは、シーズン終盤にグランパスの危機を救うべくサポーターの前に颯爽と登場した、我らが闘将・闘莉王さんに重なります。
ちなみにカラーは今季の1stユニホーム、スパイクは最近よく見る黄色です。

Dsc03297
闘さんといえば気合いで押し切る鉄壁の守備。
ゲルググも闘さんの気合いに負けないデカい盾を装備しています。

Dsc03282
闘さんといえば球際での激しい接近戦。
ビームナギナタで相手FWをぶった斬りです。

Dsc03338
闘さんといえば敵と若手をビビらせる鋭い眼光。
ちなみに顔の下の黒い部分はおヒゲです。

Dsc03300
闘さんといえば”高さ”。
願プラ3号機「1stユニ型ザク」と比べてもその高さは歴然。

Dsc03307
ちなみに頭の大きい4号機「グランパスくん専用アッガイ」と比べてもこの通り。
いかに闘さんの高さが他を圧倒しているかが良く分かりますね。

Dsc03319
時にはシュートをお腹で止めて、悶絶することもあるけれど・・・。

Dsc03328
残り3試合、気合い入れていくぜ!

今年の6月から月1ペースで願プラを作り始め、早いものでもう5号機。
苦行に打ち込む僕の真摯な姿勢がサッカーの神様に届いたのか、グランパスは自力残留が可能な順位まで浮上しました。

しかし、我々はまだ何も成し遂げてはいません!
願いが叶うその瞬間まで、目の前の試合とキットにベストを尽くすのみです!
・・・6号機に着手する頃は残留争いの決着がついているのだろうなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.21

願プラ4号機・完成!

グランパス残留祈願プラモデル「願プラ(ガンプラ)」とは・・・。

今季の名古屋グランパスの危機的状況を鑑み、チームの復調とJ1残留を願って自分自身にプラモデル作りという苦行を課することで、サッカーの神様にその願いに対する真摯な姿勢を伝えると同時に、自らもサポーターとしてこの逆境を乗り越える決意を得ようとするものである。
一体一体、心を込めて作ります。

■願プラ4号機
「グランパスくん専用アッガイ」
Dsc03244
キットは『HGUC 1/144 MSM-04 アッガイ』
ガンダムシリーズで最も愛くるしいモビルスーツとして知られるアッガイを使って、Jリーグで最も愛くるしいマスコット、我等がグランパスくんの専用機体を作ってみました。

Dsc03226
グランパスくん専用機だけあって白と黒だけのシンプルなボディー!
一口に白黒2色だけと言っても天候・湿度によってツヤが違ったり、グランパスの調子によって筆の伸びが変わったりとなかなか奥が深いものでした。

Dsc03243
「背ビレが付いていない」
「あんなもの飾りです。偉い人には分からんのですよ」
いや完全自作で作るのが面倒だっただけです・・・。

Dsc03242
シャキーン!!
目の塗り分けが肝なのでかなり苦労しましたねえ。ええ。
途中で右腕関節がボキっと折れて修理したりプラモ作りの醍醐味でしたわ~。

Dsc03238
残留への険しい道のり。
たまにはつまづく事もあるけれど・・・。

Dsc03236
マスコットだで元気いっぱい頑張るんだわ!(操縦桿をギコギコしながら)

Dsc03266
追伸:気まぐれに「グランパスくんリストバンド」を乗せたらピッタリだった件。

いよいよ残り5試合ラストスパート!!
選手のみなさん、中途半端はやめて白黒のハッキリしたプレイを!

グランパスがJ1残留できますように・・・ナムナム。

次回、5号機は・・・ぶっちゃけ今回「グランパスくん専用機」という大ネタを出してしまったので、次のネタが思い浮かびませんが作る気だけはありますよ!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016.08.17

願プラ3号機・完成!

グランパス残留祈願プラモデル「願プラ(ガンプラ)」とは・・・。

今季の名古屋グランパスの危機的状況を鑑み、チームの復調とJ1残留を願って自分自身にプラモデル作りという苦行を課することで、サッカーの神様にその願いに対する真摯な姿勢を伝えると同時に、自らもサポーターとしてこの逆境を乗り越える決意を得ようとするものである。
一体一体、心を込めて作ります。

■願プラ3号機
「名古屋グランパス1stユニフォーム型ザク」
Dsc03181
キットは「HGUC 1/144 MS-06 量産型ザク」。
「モビルスーツはザクに始まりザクに終わる」と言われる超有名&王道なザク。
グランパスの2016年型ユニフォームをイメージして塗装してみました。

Dsc03212
赤シャツ、白パンツ、赤ソックス、胸には栄光の3つ星が燦然と輝きます!
初期製品の為か合せ目処理の必要な場所が多く完成まで1ケ月かかりました。
ちなみに星は例によって100円ショップで買ったシールです。

Dsc03191
右肩のシールドには機体識別番号758(ナゴヤ)!
ジオニック社の愛知工場製でしょうか。

Dsc03209
なんならヒートホークで敵のディフェンスラインを切り裂きますよ。
3号機ともなるとスミ入れや汚し塗装もだいぶ慣れてきました。

Dsc03218
ズコー。
何度ころんだって、そのたびに立ち上がればいいんです。
ただし取り返しのつかない事になる前に対策は打ってくださいね。

Dsc03196
いよいよシーズンも後半戦がんばるぞ!!
今回はモビルスーツの元祖ザクのように、今一度サッカーの原点に立ち返って欲しいという願いを込めてみました。(後付け設定)

グランパスがJ1残留できますように・・・ナムナム。

次回、4号機をお楽しみに!(まだまだ作りますよ)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2016.07.21

「願プラ」2号機、完成!

グランパス残留祈願プラモデル「願プラ(ガンプラ)」とは・・・。

今季の名古屋グランパスの危機的状況を鑑み、チームの復調とJ1残留を願って自分自身にプラモデル作りという苦行を課することで、サッカーの神様にその願いに対する真摯な姿勢を伝えると同時に、自らもサポーターとしてこの逆境を乗り越える決意を得ようとするものである。
一体一体、心を込めて作ります。

■願プラ2号機「J1残留型ドム」
Dsc03142
キットは「HGUC 1/144 ドム/ リック・ドム」。
ドム/リック・ドムどちらか選んで作るコンパチキットで、今回製作したのはドム。
ジャイアント・バズで勝ち点を狙い撃ちです!

Dsc03137
重量感のある巨体にロッソ(赤)&ジャロ(黄)を施しました。
肩アーマーに燦然と輝く「J1」の文字に、残留への願いが込められています。
字のデカールは高いので百均で売ってるデコ用シールを白く塗って貼りました。
トヨタのエンブレムはネットから画像をプリントアウトして両面テープでペタっと。
いかに安上がりにサッカーの神様に願いを届けるか?がテーマです。

Dsc03156
ドムはサッカー選手で例えるならパワー系のDFでしょうか。
ホバー装置で高速移動が可能なので前線にも素早く攻め上がります。
何ならビーム・サーベルで相手の守備陣をズタズタに切り裂きますよ。

Dsc03166
なかなか勝てなくて、たまには落ち込むこともあるけれど・・・。

Dsc03165
明るい未来を信じて頑張ります!
まずは今季最大の山場である土曜のヴァンフォーレ甲府戦に勝つこと!

グランパスがJ1残留できますように・・・ナムナム。

次回、3号機をお楽しみに!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016.07.05

グランパス残留祈願プラモデル、略して「願プラ」1号機

グランパス残留祈願プラモデル「願プラ(ガンプラ)」とは・・・。

今季の名古屋グランパスの危機的状況を鑑み、チームの復調とJ1残留を願って自分自身にプラモデル作りという苦行を課することで、サッカーの神様にその願いに対する真摯な姿勢を伝えると同時に、自らもサポーターとしてこの逆境を乗り越える決意を得ようとするものである。
一体一体、心を込めて作ります。

■願プラ1号機「ゴッグ」
Gogg001
サッカーの神様にもどこのチームか分かるよう、グランパスのカラーであるロッソ(赤)&ジャロ(黄)でカラーリング。

Gogg004
手が大きいのでGKをイメージしています。
特徴であるアイアン・ネイルはキーパーグローブ風に。

Gogg003
GKなので横っ飛びセーブもできます。
写真撮影の方はもう少し頑張りたいと思います・・・。

管理人にとって高校生以来ウン十年ぶりのプラモデル作製で、道具や塗料も一から揃えてのスタートでしたが、夢中になったことはずっと体が覚えているようで、長いブランクの割にはそこそこ納得のいく願プラが出来上がったと自己満足しています。

現在、願プラ2号機を作製中。近日公開予定!

グランパスがJ1残留できますように・・・ナムナム。

| | コメント (2) | トラックバック (0)