2021.01.31

アマプラで映画を観た件-2021年1月

最近はグランパスそっちのけで映画ばかり観ている管理人ですこんにちは!
今年から「Amazonプライムで映画を観た件」は一か月ごとに順位を発表します。
半年たったら6月に上半期の順位を発表したいと思います。
ちなみに 2020上半期はこちら 2020下半期はこちら です。
1月は7本の映画を観ました。
それではさっそく行ってみましょう。


第7位:『ゼロの焦点』

お正月ってなぜか松本清張の映画が観たくなるよね。


第6位:『パラレルワールド・ラブストーリー』

オープニングの雰囲気は悪くないです。


第5位:『地球最後の男』

藤子F不二雄先生の「流血鬼」凄く面白いので機会があればぜひ!


第4位:『LOOP ループ~時に囚われた男~』

いろんなパターンがあって、このジャンルほんと面白い。


第3位:『新感染 ファイナルエクスプレス』

走る系ゾンビに駄作無し。


第2位:『ザ・ドア  交差する世界』

身も蓋もないえっちなシーンがあるのでご家族と鑑賞の際はご注意ください!


第1位:『残酷で異常』

めちゃ面白いんですけど、どこかで賞とか取ってないんですかね?


最近はもっぱらAmazonがおすすめするままに数珠つなぎで同じようなジャンルの映画を観てます(今月はタイムスリップ物)。
同じジャンルでも作品ごとに趣向を凝らしてて差別化がなかなか興味深いです。
サブスクならではの楽しみ方かも知れません。
そんなワケで2月もモリモリ映画を観ますのでお楽しみに!

| | コメント (0)

2020.12.30

アマプラで映画を見た件_2020下半期

本年上半期に続いて下半期もアマプラで映画を観まくりました。
2020年、ほんとサッカー観戦してるかアマプラで映画を観てるかのどちらかでした。
もともと映画は好きだったのですが、こんなに集中して観たのは人生初です。
これもコロナ禍の副産物でしょうか。改めて、ありがとうアマプラ!!!

改めて僕が映画を観るときのモットーは・・・。
1:世間や評論家の評判、「売れた」「コケた」を気にせず見たい映画を見る。
2:どんな映画でも必ず良いところがあるのでそれを見つける努力をする。
みたいな感じです。

下半期に見た映画は32本。ガッツリ順位を付けてみました。

32位:『リバーズ・エッジ』

ズバリ作り手の一人よがり。マジで二階堂ふみのヌード意外に見所なし。

31位:『劇場』

小説が原作だからって語りが多過ぎ。映画なら映像で見せて欲しい。

30位:『記憶にございません』

豪華キャストの無駄使い。もはや見た記憶がございません・・・。

29位:『地獄でなぜ悪い』

過激なシーン=過激な映画にあらず。これも二階堂ふみ以外に見所がないです。

28位:『ザ・ファブル』

殺し屋が日常に溶け込む様子をもっと丁寧に見せて欲しかった。

27位:『こんな夜更けにバナナかよ』

どうしてセリフで全部言っちゃうのかなあああああ

26位:『独立愚連隊』

正直、この時代の映画は黒澤明くらい娯楽性がないと辛い。

25位:『七つの会議』

最初は最悪だった主人公の印象がどんどん良くなる!

24位:『パーフェクト・ワールド』

各エピソードが急ぎ足なのが惜しいですが、心に染みる良い映画です。

23位:『運び屋』

人種差別問題をエンターテインメントにしちゃうイーストウッドの手腕はマジ凄い。

22位:『Every Day

あざとい映画だと分かっていてもハマってしまうのよね・・・。

21位:『犬神の悪霊』

女優さんの美しさが禍々しい世界観にフィットして化学反応を起こしてます。

20位:『百円の恋』

いわゆる女優が作品の中で実際に成長しちゃうパターンのやーつです。

19位:『日日是好日』

これも原作のエピソード未消化っぽいけど、映像が語ってるから許す。

18位:『1917 命をかけた伝令』

照明弾が夜の市街地を照らすシーンは鳥肌もの。一見の価値あり。

17位:『見えない目撃者』

吉岡里帆と木村文乃の区別がつかない僕はおじさんでしょうか・・・。

16位:『勝手にふるえてろ』

松岡茉優の正しい使い方。

15位:『二代目はニューハーフ』

Vシネマなめたらあかんぜよ!!!

14位:『イニシエーション・ラブ』

まんまと騙されました。ネタバレしないうちにゼヒ見て欲しい。

13位:『ハウス』

しつこいようだけどクンフーちゃんエロい。

12位:『ごっこ』

千原ジュニアもっと映画に出ればいいのに。

11位:『恋は雨上がりのように』

ファミレスってあんなに大勢コックさんいないよね・・・(しつこい)

10位:『あん』

樹木希林vs.市原悦子の強力タッグにノックアウトされます。

9位:『グラン・トリノ』

タイトルにあるグラントリノって車なんだけど、あまり活躍しません。

8位:『地獄』

観ているこっちが地獄です・・・(誉め言葉)

7位:『孤狼の血』

松坂桃李くん、いやシンケンレッド、いや殿!結婚おめでとう!

6位:『鈴木家の嘘』

岸部一徳が出ている時点で良作の予感がしませんか??

5位:『岸辺の旅』

岸辺と言っても岸部一徳ではなくお彼岸のことです。紛らわしいですね!

4位:『寝ても覚めても』

東出くんを棒、棒とバカにしますが彼は棒は棒でも「うまい棒」だと思います。

3位:『僕は明日昨日のきみとデートする』

設定が良く分かりませんがそこは雰囲気で!小松菜奈が可愛いのは確かです。

2位:『来る』

妻夫木聡マジでムカつく!!!!!!

1位:『名前』

説明不足とか矛盾とか、そんな物を吹っ飛ばすのが面白い映画だと思う。


上半期、下半期を合わせて62本ということは、一か月に観た映画は約5本!
来年は同じようなペースで鑑賞できるか分かりませんが、頑張りたいと思います。
このブログ記事を見て、一本でも興味のある映画を見つけてもらえれば幸いです。

| | コメント (0)

2020.06.30

Jリーグ中断中にAmazonプライムで映画を見まくった件

Jリーグ中断期間中にAmazonプライムで見まくった映画がジャスト30本になったので、順位を付けてまとめます。

ちなみに僕が映画を見るときは、
1:世間や評論家の評判、「売れた」「コケた」を気にせず見たい映画を見る。
2:どんな映画でも必ず良いところがあるのでそれを見つける努力をする。
上記の2つをモットーにしています。

逆に言えば僕の評価も一つの見方に過ぎないので、どうか大らかな心で読み飛ばしてやってください。

30位.バクマン

---今のマンガって、パソコンで描いてるんじゃないの?

29位.本能寺ホテル ---堤真一の信長がミスキャストかなー。

28位.インスタント沼 ---ミロって粉の状態で食べると美味しいよね。

27位.ボブという名の猫 幸せのハイタッチ ---主人公がストリートミュージシャンなのに歌が全く関係なし。

26位.サバイバルファミリー ---小日向文世、ツルッパゲになる度胸はなかったのか・・・。

25位.三度目の殺人 ---日本語の字幕が欲しい。

24位.ゾンビワールドへようこそ ---最近はバカ映画もあえて狙って作ってるよね。

23位.白竜 赤絨毯の死闘 ---予算ないけど、とにかく楽しもうや。これ映画の基本よね。

22位.火花 ---ウチの甥っ子、売れるといいなあ。

21位.ねこあつめの家 ---不動産屋さん役の大久保さん意外といい。もっと演技の仕事すればいいのに。

20位.血を吸う薔薇 ---ずーっと見たいと思ってたのが見れました。アマプラ最高!!

19位.呪いの館 血を吸う眼 ---若いころの中尾彬が好青年!

18位.幽霊屋敷の恐怖 血を吸う人形 --昭和の女優さんて綺麗よねえ。

17位.旅猫リポート ---力づくで泣かされます。

16位.残穢 住んではいけない部屋 ---ワイの住んでる土地、桶狭間の合戦でいっぱい人が死んどるけど・・・。

15位.猫は抱くもの ---エリカ様、芸風を変えようとした矢先に捕まったんやな・・・。

14位.復讐するは我にあり ---倍賞美津子のオッパイがデカい!!!

13位.おっぱいバレー ---綾瀬はるかのオッパイをマグガフィンとして扱う贅沢さたるや。

12位.11.25自決の日 三島由紀夫と若者たち ---満島真之介、ワイの見る映画に出過ぎ問題。

11位.美しい星 ---リリー・フランキー、ワイの見る映画に出過ぎ問題。

10位.WOOD JOB!〜神去なあなあ日常〜 ---過疎の山村の設定なのに村人が多過ぎ問題。

9位.プリデスティネーション ---2,3回見ないと分からない!!

8位.もらとりあむタマ子 ---前髪クネ男は出てきません。

7位.何者 ---ワイの若いころにスマホとかSNSとか無くてホントに良かったわ。

6位.飢餓海峡 ---3時間じっくり味わうこの映画こそ、ステイホーム中じゃないと見れなかった。

5位.青春の殺人者 ---市原悦子スゲエ(血の苦手な方、心臓の弱い方はご遠慮ください・・・)。

4位.君の膵臓をたべたい ---男なら誰もが一度は妄想する都合のいいシチュエーション!最高だ!

3位.散歩する侵略者 ---ワイも長澤まさみにガミガミ怒られたい(`・ω・´)

2位.Too Young To Die 若くして死ぬ ---これは映画館で見たかった!!

1位.陽だまりの彼女 ---アマゾンでDVDメモリアル・ボックス(中古)買っちゃいました!!!



以上です。
この映画レビューを読んで興味が湧いて見てくれたら嬉しいです。
アマプラは今後も活用するので、また映画レビューやりたいと思います。

| | コメント (0)

2019.01.27

「トクサツガガガ」展

NHKドラマ「トクサツガガガ」展に行って来ました。
特撮マニアの日常を描くコメディドラマですが、その中に登場する架空のヒーロー番組が、あたかも実際の番組であるかのようにしっかり作り込まれていて、その豊かな遊び心と本気度に圧倒されます。
特撮シーンのアクション等は本家(?)と同じ東映&JAEの協力とのこと。
NHK名古屋放送センターにて3月まで開催中。

名古屋市内とその周辺がロケ地になってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.22

「ミスター・ガラス」

シャマラン最高!ヒーローはいる!いるんだ!

この映画に関しては「面白い」とか「つまらない」とかという評価軸は無意味。
シャマランを「好き」か「嫌い」かという評価軸でのみ語られる映画である。
シャマラン好きにはもちろんタマランぜよ~。
「ミスター・ガラス」の鑑賞前には「アンブレイカブル」と「スプリット」を要チェック。
2本の映画に登場した超人たちの最終決戦を描くリミテッド・ストーリー。
これはシャマランの「アベンジャーズ」だ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.07.14

「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」

Img_2451_3
「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」半端ないって。
あいつ半端ないって。
ハン・ソロの若い頃を描く映画っていくらでも面白くできそうなのに、あの脚本だもん。
そんなんできひんやん、普通。

宇宙を股にかける大冒険活劇かと思いきや・・・。
なんか思てたんと違う~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.11

iPhone7からの初更新

iPhone7からの初更新
7年連れ添ったiPhone4ちゃんに別れを告げ、iPhone7に機種変しました。
さっそく最新鋭iPhone7ちゃんからテストも兼ねて初更新。
うまくできたかな?
※画像は更新とグランパスくん電車の行進をかけてます!(iPhone4で撮影)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.02

totoBIG初当せん!

先日、あるメールが来ました。

件名:楽天銀行からのお知らせ[入金がありました]

ネット・ショッピングの支払いとtotoの購入にしか使っていない楽天銀行の口座に入金があったということは・・・・!!!

totoが当たったのか??!!6億円キタのか?
億万長者のお知らせって割と素っ気ないメールで来るもんだな!
さっそくHPで確認・・・。

Toto_2014_6_2

570円かよ!!

むしろ赤字だわ!!

でも記念すべき初めてのtotoBIG当せん、ちょっと嬉しいです。
これを足掛かりに更なる高額賞金獲得を目指したいと思います!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013.01.02

謹賀新年2013

2013001
▲近所の神社の狛犬が踏んでいるのがどう見てもサッカーボール。

もう2日ですが明けましておめでとうございます!

このお正月は特にイベントもなく、
お節を食べたり、
お酒を飲んだり、
テレビで天皇杯決勝を見たり、
お酒を飲んだり、
テレビでお笑いを見たり、
お酒を飲んだり、
東映チャンネルで「トラック野郎」を見たり、
お酒を飲んだりと、
壮絶な寝正月を過ごしています。

今年こそグランパスは何か一つでもタイトルを!
今年こそ当ブログはなるべく小まめな更新を!

本年もよろしくお願いします。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012.09.04

管理人『桐島、部活やめるってよ』観たってよ

Kirishima___5_2<たぶんネタバレなし>
女子高生を大画面でガン見する目的で観に行った『桐島、部活やめるってよ』は、ゾンビ映画史上に残る号泣ものの青春映画だった。

な、なにを言っているのか分らねえだろうが…。

誰もが一度は経験する高校生活。
今にして思えば短い3年間がなんという濃密な時間だったか。

派手な演出は一切なく、まるで自分が教室にいるようなリアルな描写を積み重ねるこの映画は、誰もが持つ”あの頃”の記憶を時に切なく、時に痛々しく、時にバカバカしく追体験させ、深く深く胸をえぐる。
クライマックスは文字通りにえぐられてますけどが!

このブログを見ている現役高校生の皆さんは、2度と来ない日々を大切にするように。
玉ちゃんの言うとおり、勉強をがんばるように。
帰宅部を含め、部活もがんばるように。
恋愛にウツツを抜かさず、ゾンビ映画をたくさん見るように。

そして、くじけずグランパスを応援するように!

・・・青春ってなんて残酷なんだろう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧