2021.09.24

アマプラで映画を観た件_2021年8月

8月はお盆休みもあって9本!
我ながら脈略のないチョイスに惚れ惚れしますね!!

第9位

日本アカデミー賞作品賞ですか・・・ほ~~~~~ん(鼻ホジホジ)

第8位

ジェフ千葉ファンにはたまらない映画なのでしょうなあ。

第7位

その日のうちにハンバーガー食べに行きました。

第6位

マーク・ハミルがとてもいいwww

第5位

昭和天皇の人物像に迫っている点は評価したい。

第4位

古畑任三郎とか真田丸とか三谷幸喜の脚本は大好きですよ!!!

第3位

真木よう子がエロい!!!!!!!!!

第2位

こういう拾いものはアマプラならではの醍醐味です。

第1位

じっくりと映画を観ることの楽しさ詰まった名作。素晴らしい。

映画を観れば観るほど、他人の評価なんて全くあてにならない事が良く分かります。

ではまた来月!

| | コメント (0)

2021.08.24

アマプラで映画を観た件_2021年7月

8月も終わろうかというこのタイミングで7月のアマプラ映画ランキングです。
毎月つまらない映画にはあまり当たらないのですが、今月は低調でした。
正直『犬鳴村』と『タクシー・ドライバー』以外は順位はなくてほぼ横並びです。


第6位 『トゥモロー・ウォー』

まあ、最近のSFアクションいうたらこんなもんでしょ。


第5位 『スレイブメン』

中村優一くんががんばってるから許す。


第4位 『ジョーカー』

まあ、妙に深刻そうにやってて、なんか賞をあげたくなる気持ちは分かる。


第3位 『響 HIBIKI』

出だしの30分あたりまではめちゃくちゃ面白かった。


第2位 『タクシー・ドライバー』

ジョディ-・フォスター若い!


第1位 『犬鳴村』

「恐怖回避ばーじょん」もオススメ!

そんな感じで8月もヨロシク!!

| | コメント (0)

2021.07.15

アマプラで映画を観た件_2021年_上半期ベスト10

すっかりアマプラ宣伝ブログと化した当ブログ。
2021年の上半期に観た映画のうち、独断と偏見でベスト10を選んでみました。
アマプラの海から自分好みの映画を発見するのは、さながら宝探しのようです。

第10位 『アバウト・タイム 愛おしい時間について』

この女性が主人公と思うじゃない?違うんだなこれが。


第9位 『ザ・ドア 交差する世界』
ちょっとエッチなシーンがあるので家族での視聴はご注意・・・。


第8位 『青天の霹靂』
劇団ひとりさん初監督とは思えぬウェルメイドな仕上がり。もっとガンガン撮って欲しいです。


第7位 『怪物はささやく』
CGが素晴らしい。けどちゃんと物語から逆算した正しいCGの使い方してるとこがグー!


第6位 『教誨師』
こんなところで烏丸せつこの生存を確認するとは!


第5位 『私をくいとめて』
ちょい役だけど映画部のタケちゃん(by 桐島部活)こと前野朋哉くんもいい味出してる!


第4位 『トランス・ワールド』
これはやられましたわ・・・!!!!


第3位 『ラストレター』
人は勝手なイメージで判断してはいけないね。岩井俊二あなどれん(今さら)。


第2位 『残酷で異常』
「ジャケ写真とタイトルで損してるワールドカップ」が開催されたら優勝してる。まあ見て下さい。


第1位 『メランコリック』
今年の上半期どころか、ここ数年観た映画のなかでもダントツの面白さでした。


ベスト10のうちタイムスリップやらタイムリープやら「時間」を扱った映画が5つ!
我ながら偏ってますが、自分のアンテナに引っかかる作品ばかりなので自然とそうなります。
下半期も自分の興味のある映画しか観ませんのでそこんとこヨロシク!!!

ではまた~。

| | コメント (0)

2021.07.10

アマプラで映画を観た件_2021年6月

グランパスがACLを戦った6月。
現地観戦ができない分、お家時間も増えてますますアマプラが捗ります。


7位 『太陽の塔』

前半のみ観る価値あり。


6位 『カメラを止めるな!スピンオフ ハリウッド大作』
このフォーマットの60分物でシリーズ化してみてはどうでしょうか。


5位 『三島由紀夫vs東大全共闘50年目の真実』
今はみんな自分のことで精いっぱい。自分以外を真剣に心配する余裕があった時代。


4位 『ファイナル・デッドサーキット』
シリーズ4作目だそうな。


3位 『デッドコースター』
これはクセになるの分かります。


2位 『ファイナル・デスティネーション』
不条理。シュール。一歩間違えれば(間違えなくても)お笑い。そこが絶妙なサジ加減。


1位 『怪物はささやく』
こういう映画、もっと観たいですなあ。


近日中に「2021年 上半期のベスト10」もUPしたいと思います。

| | コメント (0)

2021.06.13

アマプラで映画を観た件_2021年5月

毎度おなじみアマプラのコーナー。
6月も半ばですが5月のまとめ。
5月はなんと8本見ました!

8位 『AI崩壊』

AIが人を殺すほどの発達したネット社会なのに、テレビは従前のままで状況を逐一伝えてくれてるとかアホですか?


7位 『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』
もっと単純なストーリーに削ぎ落しても良かったのでは。


6位 『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています』
ヤスケンさんはいい役者です。これは間違いない。


5位 『ランペイジ 巨獣大乱戦』
どうもアメリカの怪獣映画は異形の者に対する目線が冷たいね。


4位 『アリー スター誕生』
レディーガガさんの自伝映画と思って見ればそれなりに面白いです。


3位 『凪待ち』
特に意味もなく東日本大震災と絡めてるのはいかがなものか????


2位 『くちびるに歌を』
ツンツンしてるガッキーたまらん(*´Д`)ハアハア


1位 『教誨師』
大杉漣さんが亡くなったのは本当に残念だけど、最後の主演作にふさわしい重厚な素晴らしい映画です。改めてご冥福をお祈りします。


そんなわけでもう6月。
6月は半年間のベスト10も発表します。
お楽しみに~~~~~。

| | コメント (3)

2021.05.06

アマプラで映画を観た件_2021年4月

もともとは昨年のステイホームのヒマな時間にアマプラを観てて始めたこの企画。
まさか今年も同じようなステイホーム生活に突入しようとは。
昨年ほど籠ってばかりではないものの、映画を観る習慣はすっかり身に付きました。
そんなワケで、4月に観た映画は7本。

7位 『海月姫』

ていうか、のんちゃんを可愛く撮れてないのが致命的。

6位 『脳内ポイズンベリー』

脳内会議が全く整理されてないし、吉田羊がずっと怒鳴ってて辛い。

5位 『アフタースクール』

2回目の鑑賞が同じシーンでも全く別の意味を持つのが面白い。

4位 『ガール・オン・ザ・トレイン』

画面からの情報が多いので字幕版よりも吹き替え版がおすすめです。

3位 『青天の霹靂』

ベタ過ぎるほどの展開、タムスリップの何たるかを心得てます。

2位 『私をくいとめて』

のんちゃん可愛く撮れてる!のめり込んだ演技も素晴らしい!

1位 『メランコリック』

屈折した暗い映画かと思いきや、意外や愛すべきキャラ満載のエンタメ。超オススメ!

そんなわけで5月もバリバリ観ます!!

| | コメント (0)

2021.04.10

アマプラで映画を観た件_2021年3月

3月は何かと忙しくて4本。
でも(順位は付けていますが)どの作品も面白いです。オススメ!!

第4位 『500ページの夢の束』

アメリカの人ってホント「スター・トレック」が好きなのねえ。

第3位 『ラブレター』
主人公の友人役で出てる鈴木蘭々がめっちゃいい味出してます!

第2位 『アバウト・タイム ~愛おしい時間について~』
何回でも言いますがタイムトラベル映画にハズレなしです。

第1位 『ラストレター』
とにかく全ての女性を最高にチャーミングに撮る監督ですよなあ。

コロナの何度目かの感染拡大で、また家での時間が多くなりそうな今日この頃。
当ブログの紹介するアマプラ映画で少しでも楽しく過ごしてもらえれば嬉しいです。

| | コメント (0)

2021.03.19

アマプラで映画を観た件_2021年2月

もう3月も中旬ですが2月分がまだだったのでUPです。
1月は6本の映画を観ました。
それではさっそく行ってみましょう。
ちなみに 2020上半期はこちら 2020下半期はこちら です。

第6位 『空母いぶき』

撃たれたからって勝手に死んだって決めるなよ!医務室に運べよ!

第5位 『テネット』

この置いてけぼり感は鑑賞史上最高レベル。

第4位 『人類滅亡計画書』

ロボットの話は長編映画にしても面白そう。

第3位 『アヒルと鴨のコインロッカー』

濱田岳が若い!ていうか痩せてる!

第2位 『本当の目的』

邦題は普通に直訳で「9月の3日間」で良かったのでは?

第1位 『トランスワールド』

いや本当、世の中お金が全てじゃないんですな~。

Jリーグが始まって鑑賞ペースがやや落ちてますが3月からも頑張って観ます!

| | コメント (0)

2021.01.31

アマプラで映画を観た件-2021年1月

最近はグランパスそっちのけで映画ばかり観ている管理人ですこんにちは!
今年から「Amazonプライムで映画を観た件」は一か月ごとに順位を発表します。
半年たったら6月に上半期の順位を発表したいと思います。
ちなみに 2020上半期はこちら 2020下半期はこちら です。
1月は7本の映画を観ました。
それではさっそく行ってみましょう。


第7位:『ゼロの焦点』

お正月ってなぜか松本清張の映画が観たくなるよね。


第6位:『パラレルワールド・ラブストーリー』

オープニングの雰囲気は悪くないです。


第5位:『地球最後の男』

藤子F不二雄先生の「流血鬼」凄く面白いので機会があればぜひ!


第4位:『LOOP ループ~時に囚われた男~』

いろんなパターンがあって、このジャンルほんと面白い。


第3位:『新感染 ファイナルエクスプレス』

走る系ゾンビに駄作無し。


第2位:『ザ・ドア  交差する世界』

身も蓋もないえっちなシーンがあるのでご家族と鑑賞の際はご注意ください!


第1位:『残酷で異常』

めちゃ面白いんですけど、どこかで賞とか取ってないんですかね?


最近はもっぱらAmazonがおすすめするままに数珠つなぎで同じようなジャンルの映画を観てます(今月はタイムスリップ物)。
同じジャンルでも作品ごとに趣向を凝らしてて差別化がなかなか興味深いです。
サブスクならではの楽しみ方かも知れません。
そんなワケで2月もモリモリ映画を観ますのでお楽しみに!

| | コメント (0)

2020.12.30

アマプラで映画を見た件_2020下半期

本年上半期に続いて下半期もアマプラで映画を観まくりました。
2020年、ほんとサッカー観戦してるかアマプラで映画を観てるかのどちらかでした。
もともと映画は好きだったのですが、こんなに集中して観たのは人生初です。
これもコロナ禍の副産物でしょうか。改めて、ありがとうアマプラ!!!

改めて僕が映画を観るときのモットーは・・・。
1:世間や評論家の評判、「売れた」「コケた」を気にせず見たい映画を見る。
2:どんな映画でも必ず良いところがあるのでそれを見つける努力をする。
みたいな感じです。

下半期に見た映画は32本。ガッツリ順位を付けてみました。

32位:『リバーズ・エッジ』

ズバリ作り手の一人よがり。マジで二階堂ふみのヌード意外に見所なし。

31位:『劇場』

小説が原作だからって語りが多過ぎ。映画なら映像で見せて欲しい。

30位:『記憶にございません』

豪華キャストの無駄使い。もはや見た記憶がございません・・・。

29位:『地獄でなぜ悪い』

過激なシーン=過激な映画にあらず。これも二階堂ふみ以外に見所がないです。

28位:『ザ・ファブル』

殺し屋が日常に溶け込む様子をもっと丁寧に見せて欲しかった。

27位:『こんな夜更けにバナナかよ』

どうしてセリフで全部言っちゃうのかなあああああ

26位:『独立愚連隊』

正直、この時代の映画は黒澤明くらい娯楽性がないと辛い。

25位:『七つの会議』

最初は最悪だった主人公の印象がどんどん良くなる!

24位:『パーフェクト・ワールド』

各エピソードが急ぎ足なのが惜しいですが、心に染みる良い映画です。

23位:『運び屋』

人種差別問題をエンターテインメントにしちゃうイーストウッドの手腕はマジ凄い。

22位:『Every Day

あざとい映画だと分かっていてもハマってしまうのよね・・・。

21位:『犬神の悪霊』

女優さんの美しさが禍々しい世界観にフィットして化学反応を起こしてます。

20位:『百円の恋』

いわゆる女優が作品の中で実際に成長しちゃうパターンのやーつです。

19位:『日日是好日』

これも原作のエピソード未消化っぽいけど、映像が語ってるから許す。

18位:『1917 命をかけた伝令』

照明弾が夜の市街地を照らすシーンは鳥肌もの。一見の価値あり。

17位:『見えない目撃者』

吉岡里帆と木村文乃の区別がつかない僕はおじさんでしょうか・・・。

16位:『勝手にふるえてろ』

松岡茉優の正しい使い方。

15位:『二代目はニューハーフ』

Vシネマなめたらあかんぜよ!!!

14位:『イニシエーション・ラブ』

まんまと騙されました。ネタバレしないうちにゼヒ見て欲しい。

13位:『ハウス』

しつこいようだけどクンフーちゃんエロい。

12位:『ごっこ』

千原ジュニアもっと映画に出ればいいのに。

11位:『恋は雨上がりのように』

ファミレスってあんなに大勢コックさんいないよね・・・(しつこい)

10位:『あん』

樹木希林vs.市原悦子の強力タッグにノックアウトされます。

9位:『グラン・トリノ』

タイトルにあるグラントリノって車なんだけど、あまり活躍しません。

8位:『地獄』

観ているこっちが地獄です・・・(誉め言葉)

7位:『孤狼の血』

松坂桃李くん、いやシンケンレッド、いや殿!結婚おめでとう!

6位:『鈴木家の嘘』

岸部一徳が出ている時点で良作の予感がしませんか??

5位:『岸辺の旅』

岸辺と言っても岸部一徳ではなくお彼岸のことです。紛らわしいですね!

4位:『寝ても覚めても』

東出くんを棒、棒とバカにしますが彼は棒は棒でも「うまい棒」だと思います。

3位:『僕は明日昨日のきみとデートする』

設定が良く分かりませんがそこは雰囲気で!小松菜奈が可愛いのは確かです。

2位:『来る』

妻夫木聡マジでムカつく!!!!!!

1位:『名前』

説明不足とか矛盾とか、そんな物を吹っ飛ばすのが面白い映画だと思う。


上半期、下半期を合わせて62本ということは、一か月に観た映画は約5本!
来年は同じようなペースで鑑賞できるか分かりませんが、頑張りたいと思います。
このブログ記事を見て、一本でも興味のある映画を見つけてもらえれば幸いです。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧